加齢によってできる首いぼ

Posted by wonderegg on 10月 05, 2015
未分類

首からデコルテ辺りを中心にして小さないぼがたくさんできることがあります。
主に中高年に多く見られる皮膚疾患で、老人性いぼとも言われています。

ウイルス性のもののような悪質なタイプではありませんから、そのまま放っておいても害はありません。

首いぼができる原因は紫外線や衣類との肌の摩擦が関係しています。
紫外線や衣類との摩擦が肌にダメージを与えてしまうからです。

悪質ないぼではありませんが、お風呂上りにタオルが引っかかったりアクセサリーが引っかかったりなど、何かと不便を感じているなら、皮膚科で除去してしまいましょう。
保険適用で治療が受けられますから、費用の負担も少なくてすみます。

はさみやレーザー、液体窒素による治療となり、いぼのタイプに応じて治療を行ってもらえます。

また、セルフケアで少しでも減らしていくなら、ヨクイニンという成分が良く効きます。
昔からいぼには定評がある成分で、ハトムギ茶などに多く含まれています。

いぼ改善のためにいつも飲んでいる飲み物をハトムギ茶にすることで、徐々にいぼを減らしたりいぼの増殖を抑えることができます。

また、紫外線は首いぼが悪化したりできやすくなりますから、しっかりと紫外線対策を行うようにしましょう。

首のイボを綺麗に除去!皮膚科で治療せずにイボを取る方法(http://xn--u9jxfygn832b.net/)なら、首イボクリームのランキングも載っているので、どの除去クリームを買おうか迷っている方にとっては、非常に有益なサイトとなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>